防災訓練の本質

平成29年度沖縄県総合防災訓練

「沖縄県及び北部圏域12市町村が主催する平成29年度沖縄県総合防災訓練が、9月2日(土曜日)に恩納村赤間総合運動訓練を主会場として開催される。」と沖縄県は発表した。

今回の訓練については、地震及び津波により北部圏域に甚大な被害が発生した場面を想定し、住民参加による避難所運営訓練や消防や自衛隊、医療機関等による救助訓練のほか、生活に不可欠な通信、電力、交通等のライフライン復旧など、多くの機関による総合的な防災訓練を実施する。
沖縄県ホームページ(ここをクリック

開催日時:29年9月2日(土)12:00から16:00
主会場:恩納村赤間総合運動公園
サブ会場:名護21世紀の森公園、あけみおskyドーム(名護市)、県立北部病院、名護市消防本部ヘリポート、国頭村森林公園、大保ダム(大宜味村)、東村役場、本部町運動公園、浜元垣の内漁港(本部町)、伊江島空港、伊是名村ヘリポート、伊平屋村ヘリポート、恩納村真栄田地区、中部徳洲会病院など

平成29年度離島統合防災訓練

「平成29年度沖縄県総合防災訓練に合わせて、離島における突発的な大規模災害への対処について、実動により訓練し、自衛隊の離島災害対処能力の維持・向上及び関係地方公共団体等との連携の強化を図る。」と防衛省統合幕僚監部は発表した。

訓練参加部隊規模については
自衛隊参加部隊等(人員約530名、航空機10機、艦艇1隻、車両約40両)

細部
統合幕僚監部(陸・海・空自衛隊を統括する部署)
人員約10名

陸上自衛隊
人員約120名、航空機4機(UH-60×1、CH-47×3)、車両約30両

海上自衛隊
人員約360名、艦艇1隻(護衛艦「いせ」)、航空機1機(P-3C×1)

航空自衛隊
人員約40名、航空機5機(F-15×2、U-125×1、CH-47×1、UH-60×1)、車両約10両

これだけの規模を訓練に参加させるとは、自衛隊も沖縄県の離島防災にかなり力をいれているといっても過言ではない。特に隣接県と陸上で接していない沖縄県にとって、ヘリ搭載型の大型護衛艦の訓練は、非常に大きな意味がある!

 

恩納村赤間総合運動公園飛行予定
F-15  13時2分
U-125 13時5分
P-3C  13時9分

自衛隊以外の航空機
内閣府沖縄総合事務局 AS350ヘリ
沖縄県ドクターヘリ EC-135
奄美ドクターヘリ AW109SP
海上保安庁 AW139
MESHサポート AS350B2

が飛行予定ということである。(詳しくはクリック

災害派遣に関する参考映像


陸上自衛隊広報チャンネル(ここをクリック


海上自衛隊公式ホームページ(ここをクリック


航空自衛隊チャンネル (JASDF Official Channel)(ここをクリック

防災訓練の意義

「訓練以上の成果は、本番では出ない」「現実(自然)は、人間の想像をたやすく超える」「本番は、どんなに厳しくした訓練より厳しい環境になる」これらは、私が自衛官時代によく言われた言葉である。

私も自衛隊のヘリコプターパイロットとして数々の防災訓練に参加したが、UH-60JとCH-47Jどちらの機種もミッション(実戦)の方がはるかにきつかった。

UH-60J

CH-47J

訓練をすることは、非常に重要なことである。訓練ではいくら失敗をしてもいい!それは

「本番で市民・県民・国民の生命を守るため」

 

そのために、日々訓練をしてきた。総合防災訓練は、普段なかなか他機関と連携して訓練をすることがないのでどの機関にとっても非常に良い機会(そもそも少ないというのも問題であるが・・・)と思う。

訓練をすることも重要であるが、何よりも大事なことは反省(振り返り)をすることである。決して、訓練を終了することを目的にしてはならない。
うまくいったのも「今回はたまたまか」「ある程度の練度・連携の基準に達したため」
失敗すれば「何がダメであったのか」「どうすればうまく行くのか」
そのような反省することが重要である。

その他には、国民に安心を与えることである。様々な場所で訓練を見てもらうことにより、災害が発生した場合でも多種多様な機関が助けてもらえる!実際に被災した時に、訓練風景を見ていれば「助けは必ずくる!」と市民の心の支えとなることある。

そして一番重要なことは

「市民の防災意識の向上である」

防災意識の向上から繋がること

災害発生時には「まず、周りの人と協力して避難する」ことを行って欲しい。それは、東日本大震災の時もそうであったが、初期の避難というものは

どうしても住民が自ら行ってもらうものとなり、適切な避難をしていただければ、かなり多くの命が助かる。

救助をされる人数を極限することによって、その後の救助活動も戦力を集中して行い結果的に多くの人命を救助できる。

また、食料の最低限の備蓄や生活必需品を確保してもらうことに繋がる。(ちなみにカセットコンロは、意外といいですよ)

沖縄は大丈夫か


今年の4月27日に政府の地震本部(ここをクリック)が全国の地震予想図を発表した。色の濃いところが、地震が来る確率が高いのであるが、沖縄県については30年間以内に震度6強以上の地震が来る確率は、やや高いと推定されている。

また、沖縄気象台には、昨年1年間ではマグニチュード0・5以上の地震が1万5219回。震度1以上は98回、そのうち震度3以上は6回だった。前年の15年を見ても、マグニチュード0・5以上の地震が1万4568回、震度1以上は77回、震度3以上が12回観測されている。

震度1以上を観測した回数を都道府県別に比べると、2014、15年は16番目に多く、2016年は21番目で全国平均を上回る。

「沖縄県は地震がこない」ということが、間違いだったと示されている。

 

私たちができること

緊急地震速報
大きな地震が発生したとき、各地での強い揺れの到達時刻や震度を予想し、大きな揺れ
がくることを事前に知らせる情報です。緊急地震速報の発表から強い揺れが来るまではわ
ずか数秒から数十秒しかありません。
【家庭では】
・頭を保護し、じょうぶな机の下など安全な場所に避難する
・あわてて外へ飛び出さない
・むりに火を消そうとしない
【エレベータでは】
・最寄りの階で、すぐにおりる
【屋外では】
・ブロック塀の倒壊に注意
・看板や割れたガラスの落下に注意
【自動車運転中は】
・急ブレーキはかけず、ゆるやかに速度をおとす
・ハザードランプを点灯し、まわりの車に注意をうながす
緊急地震速報
大きな地震が発生したとき、各地での強い揺れの到達時刻や震度を予想し、大きな揺れがくることを事前に知らせる情報です。緊急地震速報の発表から強い揺れが来るまではわずか数秒から数十秒しかありません。
ここをクリック

家庭でできる日頃の備え
家庭では、倒れやすい家具をしっかりとした壁に固定するほか、室内に安全スペース(物が落ちてこない、倒れてこない、移動してこない空間)を作りましょう。

津波から身を守る
●すぐに海岸から離れる
ビーチなど海の近くにいるときに、強い揺れや、弱くてもゆっくりした揺れを感じたとき、または地震を感じなくとも津波警報などが発表されたときには、すぐに海岸から離れましょう。
●「より高いところ」を目指してにげる
土地の低い場所は津波におそわれやすいところです。海や川からはなれ、高いところへ逃げましょう。
ここをクリック

ちなみに沖縄県は、全都道府県のうち唯一「地域防災マネージャー制度」を使用し「防災担当監」や「防災マネージャー」を採用していない県です。県民の命を考えるならば、やるべき事があるのではないでしょうか

 

関連新聞記事:琉球新報(ここをクリック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP